ストレスチェックの特徴

subpage01

昔から、働き過ぎなどでのストレスで体をこわすケースはよく耳にしますが、特に近年は、どの業界も人手不足であることもあって、過労によるストレスが社会問題化しています。

ストレスチェックに関する最新情報はこちらです。

そこで、ストレスで体をこわしてしまうことを防止することを目的に、ストレスチェックという制度が新しく導入されました。
ストレスチェックの大きな特徴は、個々の従業員のストレスの状態を点数化し、簡易的に診断ができるようにした点です。ストレスチェックの対象となる従業員には、ストレス診断のためのさまざまな設問が記載された質問票が個別に配布されます。
各設問の回答は四択で、4つの選択肢には1点から4点までの点数が付けられています。

個々の従業員は、現在の自分の仕事の状況に応じて各設問に回答します。


回答が終わった質問票は回収され、その点数が算出されます。


この点数を、予め定められた基準の点数と比較することにより、その従業員のストレス状態が診断されるのです。
なお、個々の従業員の回答内容は他の人には見られないよう厳重に管理されます。
例えば、上司や人事課の人などにチェックされることはありませんので、会社の目など気にすることなく、現在の自分の仕事に関する状況に鑑みて、正直に回答することができます。



なお、ストレス診断によって、日頃から仕事上で強いストレスを受け続けていると判断された人は要注意です。

放置していると心身の不調を発症する可能性が高いため、医師による面談指導が推奨されるます。