ストレスチェックの制度概要

subpage01

日常生活でさまざまなストレスを受ける現代、その影響で体の不調を訴える人が増えています。

特に、仕事上のストレスが問題になることが多いです。例えば、上司や同僚、部下との折り合いが悪く、社内での人間関係に悩んでいる人や、社外の人とのトラブルで大きなストレスを抱え込んでいる人も多いでしょう。

ストレスチェック関する情報選びで悩んだ時に見てほしい情報をそろえました。

さらに、近年では人手不足の影響もあり、1人1人の業務量が増え、自分だけでは到底処理しきれないほどの仕事を抱えて過労で倒れる人も耳にします。

本来、従業員のストレス状態は、雇用主である会社が把握して適切な対処をとるべきなのですが、残念ながら現実的には難しいのが現状です。そこで、各々の従業員のストレス状態を的確に図ることを目的としてストレスチェックという制度が導入されました。

なお、その制度趣旨に鑑み、ストレスチェックは一定数の従業員を雇う中規模以上の事業所に対して、実施が義務づけられています。



ストレスチェックでは、まず、ストレス診断のためのさまざまな設問が記載された質問票が、個々の従業員に配布されます。
各従業員は、現在の自分の仕事状況などを振り返りながら質問に回答していきます。



なお、この回答内容は会社にチェックされることはありませんので、回答の際に会社に気兼ねなどする必要はありません。

回答された質問票は、第三者機関によって回収され、専門の医師などによって診断が行われます。

診断によって強いストレスを受けていると判断された人については、医師との個別面談が設定されます。

また、ストレスの原因を調べ、ストレスを軽減するための方策を話し合うなど、さまざまなサポートが行われます。