ストレスチェックの義務化

subpage01

人それぞれがもつ個々の資質を比べると、昔のものとはずいぶん異なってきているように感じる方も少なくないでしょう。


同じ職場環境の中で、年齢層の異なる人が一連の業務を組織的に円満にこなすためにはコミュニケーションを円滑にする必要がでてきます。


それらの度合いを測る指標の一つにストレスチェックという制度があり活用している会社も少なくありません。その内容は、ストレスに関するいくつかの質問に対して用意された選択肢の中から、自分の今の心境に見合うものを選ぶことで現在の状態を知ることができる指標となっています。

なぜ、そのようなことが必要なのでしょうか。それは今の時代、セクハラやパワハラといった社内環境の悩みであったり、同僚間でのコミュニケーションもストレスの大きな要因となるからです。


労働安全衛生法の改正があり2015年12月以降において、労働者が50人以上存在する職場では毎年ストレスチェックをすることが義務づけられるようになっています。


義務付けの本来の目的としては、うつなどのメンタルヘルス不調を未然に防止することにあります。

ストレスチェックサイトで情報を入手してみて下さい。

これらの指標をうまく活用することによって、組織的に職場内環境を円滑にできるようになります。



回収した質問表を担当する医師や医療従事者が評価し、高ストレスな状態をもつ労働者を個別指導することが必要となります。



ストレスチェックで悪い評価となっている労働者が、必ずしも重度の自覚症状を患っているとは限らないものです。
多くの労働者にとって、より働きやすい環境を築き上げるためにもストレスチェックはなくてはならないものではないでしょうか。